アロマオイル効果効能辞典

「フランス」が原産地のアロマオイルのページ






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --】 // スポンサー広告
「フランス」が原産地のアロマオイル

● カモミール・ジャーマン/ジャーマンカモミール

英語名:Chamomile German
香りの特徴:リンゴを思わせるフルーティーで優しい香り

和名「カミツレ」。語源はギリシャ語「chamaemellon」の「大地のリンゴ」という意味に由来すると言われています。
4千年以上前から薬草として用いられていたと言われ、ヨーロッパで最も歴史のある民間薬とされています。
癒傷作用があり、炎症を起こした傷などの治療によく利用されます。


● カモミール・ローマン/ローマンカモミール

英語名:Chamomile Roman
香りの特徴:青リンゴのような甘酸っぱさとコクのある香り

語源はギリシャ語「chamaemellon」の「大地のリンゴ」という意味に由来すると言われています。
4千年以上前から薬草として用いられていたと言われ、ヨーロッパで最も歴史のある民間薬とされています。
「女性と子供の精油」と呼ばれ、広く安心して使える精油としておなじみです。


● クラリセージ

英語名:Clary Sage
香りの特徴:紅茶に似た、ややフローラルでウッディーな香り

語源はラテン語「クラルス」の「明るい」「清浄な」という意味に由来すると言われています。
19世紀イギリスではビールの苦味にクラリセージを用いていました。
現在はタバコの香りづけや香水の保留剤としても使用されています。


● サイプレス

英語名:Cypress
香りの特徴:ウッディで少しスパイシーな香り

語源はギリシャ神話に登場する美少年「キュパリッソス(サイプレス)」に由来すると言われています。
キリストの十字架はこの木で作られたという伝説があり、クリスマスツリーとしても使用されます。
画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが好んで絵画の題材に使ったことでも有名です。


● ジャスミン・アブソリュート

英語名:Jasmine Absolute
香りの特徴:甘美でエキゾチックな香り

語源はペルシャ語「ヤースミーン」という語に由来し、「花の精油の女王」と呼ばれています。
ジャスミンの花約700kgからたったの1kgしか抽出されない、とても高価なオイルです。
ジャン・パトゥ社の香水『Joy』は原料に純粋なジャスミンオイルを使用していることで有名です。


● ジュニパー/ジュニパーベリー

英語名:Juniper
香りの特徴:ライトでウッディな中に果実を感じさせる香り

旧約聖書にも登場するジュニパーは高い消毒性があり、魔よけとして用いられたと言われています。
昔からリウマチや通風、関節炎などに効果があると考えられてきました。
熟した球果を乾燥させたものは、料理やジンの香りづけにも使用されます。


● スイート・マージョラム/マージョラム

英語名:Sweet Marjoram
香りの特徴:安心感を与える、スパイシーですっきりした香り

語源はラテン語「major」の「より大きい」という意味に由来すると言われ、「長寿」を象徴しています。
ギリシャ人は古くから薬草として利用し、幸せを願ってマージョラムを贈る習慣があったとされています。
血流促進作用もあり、「眠りのための香り」としての効果が有名です。


● ゼラニウム

英語名:Geranium
香りの特徴:バラに似た、ほのかに甘い香り

語源はギリシャ語「geranos(鶴)」に由来すると言われています。
心のバランスを整え、精神・肉体・皮膚に浄化作用があります。
虫よけとしても利用可能です。


● タイム

英語名:Thyme
香りの特徴:甘く強いハーブの香り

語源はギリシャ語「thimon」の「防腐」という意味に由来すると言われています。
強い殺菌作用があり、古代エジプトではミイラの防腐剤に使用されたそうです。
毛髪の育成効果もあり、薄毛にお悩みの方におすすめです。


● ネロリ

英語名:Neroli
香りの特徴:優雅で高貴なフローラル系の香り

語源はイタリアの地名「ネロラ」に由来し、 17世紀イタリアのブラッチャーノ公妃 が愛用したと言われています。
ダイダイの花から抽出され、稀少で高価な精油の一つです。
柑橘系の花から抽出されますが、光毒性はなく、スキンケアに広く使用されています。


● バジル/スイートバジル

英語名:Basil
香りの特徴:甘さのある、軽くスパイシーな香り

語源はギリシャ語「basileus」の「王」という意味に由来すると言われています。
日本では、ゼリー状の物質により目の汚れを取り去る目薬とされ、「メボウキ(目箒)」と呼ばれています。
エッセンシャルオイル以外にもバジルの葉はハーブとしてイタリア料理によく使用されています。


● ペパーミント

英語名:Peppermint
香りの特徴:すっきり爽快感のあるメントールの香り

語源はラテン語「piperita(胡椒の味)」+「mintha(ハッカ)」という意味に由来すると言われています。




● メリッサ(レモンバーム)

英語名:Melissa
香りの特徴:レモンとフレッシュなグリーンをあわせた香り

蜂が好む花をもつことから、語源はギリシア語「Melissa(ミツバチ)」という意味に由来すると言われていいます。
子宮強壮作用があり、生理不順・生理痛の改善に効果があります。
また、抗菌作用にも優れていることから、湿疹・水疱瘡・ヘルペスなどの治療にも利用されます。


● ラベンダー

英語名:Lavender
香りの特徴:甘く優しいフローラルな草原の香り

語源はラテン語「Lavendula(洗う)」という意味に由来すると言われています。
リラックス効果が高く、アロマ初心者にも扱いやすい精油のひとつです。
他の精油との相性もよく、ブレンドにもおすすめです。


● ローズ・アブソリュート

英語名:Rose Absolute
香りの特徴:情熱的で深く、甘いフェミニンな香り

薔薇は古代から女性を象徴する「花の中の女王」として、観賞用をはじめ多用途に珍重されています。
溶剤抽出法で抽出された精油をローズ・アブソリュート、水蒸気蒸留法で抽出された精油をローズ・オットーと呼び、
ともに希少価値の高い精油です。


● ローズマリー

英語名:Rosemary
香りの特徴:刺激的ですがすがしい、ハーブの強い香り

語源はラテン語「ros(露)」と「marinus(海)」という意味に由来すると言われ、地中海を代表するハーブです。
神経刺激作用があり、記憶力・集中力アップに役立ちます。
その他、体を温める作用もあり、筋肉痛・関節痛にも有効です。

スポンサーサイト


【2010/04/19 Mon】 // アロマオイル:原産地別
<< 「ブラジル」が原産地のアロマオイル // HOME // 「フィリピン」が原産地のアロマオイル >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://aromadic.blog95.fc2.com/tb.php/220-0814c6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
検索

おすすめ!

アロマオイル
アロマオイル:効果別
アロマオイル:効能別
アロマオイル:香り
アロマオイル:ノート別
アロマオイル:抽出方法別
アロマオイル:植物科名別
アロマオイル:抽出部位
アロマオイル:原産地別
最近の記事
カテゴリー
QRコード

QR

リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
全記事表示リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。