アロマオイル効果効能辞典

「消化促進」に効果のあるアロマオイルのページ






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --】 // スポンサー広告
「消化促進」に効果のあるアロマオイル

● スペアミント

英語名:Spearmint
香りの特徴:清涼感のある、スッキリしたミントの香り

語源は「スペア(鋤:すき)」+「ミント(ギリシャ神話の女神Menthe)」に由来すると言われています。
ペパーミントとともに、古くから消化不良を和らげる目的で使用されてきました。
現在は香料として歯磨き粉やお菓子、ガムなどに広く使われています。


● ペパーミント

英語名:Peppermint
香りの特徴:すっきり爽快感のあるメントールの香り

語源はラテン語「piperita(胡椒の味)」+「mintha(ハッカ)」という意味に由来すると言われています。




● オレンジ・スイート/スイートオレンジ

英語名:Sweet Orange
香りの特徴:甘くフルーティーで心地よい柑橘系の香り

語源はアラビア語の「naranga」であると言われています。
現在は食用として世界中で好まれているほか、精油としても万人に好かれる香りです。
健胃・整腸作用があるほか、にきび・オイリー肌のスキンケアに効果的です。


● ベルガモット

英語名:Bergamot
香りの特徴:ややフローラルで、フルーティな甘い香り

語源はイタリア都市「ベルガモ」由来とも、トルコ語「Beg armudi(梨の王)」という意味に由来するとも言われています。




● ライム

英語名:Lime
香りの特徴:苦味のあるすっきりした柑橘系の香り

学名の「Citrus(シトラス)」は、ミカン科ミカン亜科植物の総称とされています。
ミカン科の中ではライムが最も原始的な種類。料理をはじめ、飲料の風味付けにも欠かせない果実です。
リフレッシュ効果があるほか、オイリー肌のスキンケアにも役立ちます。


● カルダモン

英語名:Cardamon
香りの特徴:レモンのような甘酸っぱさのあるスパイシーな香り

語源は「cardia」「心臓」の形をした「amomum」植物「びゃくづく」という意味に由来すると言われています。
別名「香りの王様」と呼ばれ、サフラン、バニラに次ぐ、高価なスパイスとして知られています。
インドのチャイやカレー料理に使用されるガラムマサラの主な材料として有名です。


● グレープフルーツ

英語名:Grapefruit
香りの特徴:フレッシュで爽やかな甘酸っぱい香り

語源は学名「~paradisi」の「パラダイス」(の実)として珍重されたことに由来すると言われています。
一般的に果肉が黄色とピンクのものが精油として使用されますが、香りや効能に差はないとされています。
体脂肪燃焼を促進する効果があり、肥満解消やセルライト予防にも大活躍です。


● マンダリン

英語名:Mandarin
香りの特徴:柑橘系の中でもフローラルな甘い香り

語源は清朝中国の官吏「Mandarin」に由来すると言われています。

スポンサーサイト


【2008/05/24 Sat】 // アロマオイル:効果
<< 「消毒」に効果のあるアロマオイル // HOME // 「消化器強壮」に効果のあるアロマオイル >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://aromadic.blog95.fc2.com/tb.php/21-72a31a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
検索

おすすめ!

アロマオイル
アロマオイル:効果別
アロマオイル:効能別
アロマオイル:香り
アロマオイル:ノート別
アロマオイル:抽出方法別
アロマオイル:植物科名別
アロマオイル:抽出部位
アロマオイル:原産地別
最近の記事
カテゴリー
QRコード

QR

リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
全記事表示リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。