アロマオイル効果効能辞典

「オーストラリア」が原産地のアロマオイルのページ






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --】 // スポンサー広告
「オーストラリア」が原産地のアロマオイル

● ティートリー

英語名:Tea tree
香りの特徴:清涼感のある、シャープなグリーン系の香り

現在は飲用として用いられることはないが、その昔イギリスの探検家がその葉でお茶をいれたことに由来する呼称。
殺菌作用に優れていることから、オーストラリア先住民は傷の治療に用いたと言われています。
肌に直接使える数少ない精油の一つで、市販の歯磨き粉やうがい薬にも使われています。


● ニアウリ

英語名:Niaouli
香りの特徴:フレッシュな刺激のある、グリーン調の香り

オーストラリア先住民達が古来から痛みや疼きを和らげるために使用したと言われています。
殺菌・消毒作用や空気清浄作用を持つとされ、免疫力を高めることがさまざまな角度から研究されています。



● パイン/パインニードル

英語名:Pine
香りの特徴:すっきりフレッシュな森林の香り

学名「pinussylvestris」の語源はラテン語「pinus」の「筏(いかだ)」という意味に由来すると言われています。
古代ギリシャ文明では宗教儀式にかかせない香りとして活用されていました。
優れた殺菌・消毒作用があり、呼吸器の不快感をやわらげるのに効果的です。


● ユーカリ/ユーカリプタス

英語名:Eucalyptus
香りの特徴:シャープでクリアなグリーン系の香り

語源はギリシア語をラテン語化した 「eu(真に・強く・良く)」+「kalyptós(~でおおった)」に由来すると言われています。
呼吸器系の炎症鎮静作用があり、風邪・花粉症など呼吸器がスッキリしない時に役立ちます。
虫除けとしても効果的です。


● ラベンダー

英語名:Lavender
香りの特徴:甘く優しいフローラルな草原の香り

語源はラテン語「Lavendula(洗う)」という意味に由来すると言われています。
リラックス効果が高く、アロマ初心者にも扱いやすい精油のひとつです。
他の精油との相性もよく、ブレンドにもおすすめです。

スポンサーサイト


【2008/11/19 Wed】 // アロマオイル:原産地別
<< 「オランダ」が原産地のアロマオイル // HOME // 「エチオピア」が原産地のアロマオイル >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://aromadic.blog95.fc2.com/tb.php/196-562e3a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
検索

おすすめ!

アロマオイル
アロマオイル:効果別
アロマオイル:効能別
アロマオイル:香り
アロマオイル:ノート別
アロマオイル:抽出方法別
アロマオイル:植物科名別
アロマオイル:抽出部位
アロマオイル:原産地別
最近の記事
カテゴリー
QRコード

QR

リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
全記事表示リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。