アロマオイル効果効能辞典

「葉」から取れるアロマオイルのページ






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --】 // スポンサー広告
「葉」から取れるアロマオイル

● クラリセージ

英語名:Clary Sage
香りの特徴:紅茶に似た、ややフローラルでウッディーな香り

語源はラテン語「クラルス」の「明るい」「清浄な」という意味に由来すると言われています。
19世紀イギリスではビールの苦味にクラリセージを用いていました。
現在はタバコの香りづけや香水の保留剤としても使用されています。


● サイプレス

英語名:Cypress
香りの特徴:ウッディで少しスパイシーな香り

語源はギリシャ神話に登場する美少年「キュパリッソス(サイプレス)」に由来すると言われています。
キリストの十字架はこの木で作られたという伝説があり、クリスマスツリーとしても使用されます。
画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが好んで絵画の題材に使ったことでも有名です。


● シトロネラ

英語名:Citronella
香りの特徴:レモン似た、軽くさわやかで強めの香り

属名「Cymbopogon」の語源は「kymbo(舟)」+「pogon(ヒゲ)」に由来すると言われています。
古くから虫除けに使われ、葉を蚊帳にしたり、精油を蚊取りキャンドルにしていました。
現在でも主に蚊・ハエ・ノミ除けとして多くの製品が発売されています。


● シナモン・リーフ/シナモン

英語名:Cinamon leaf
香りの特徴:甘くスパイシーで刺激的なニッキの香り

和名「ニッキ」、語源はフェニキア語「quinamon」ギリシャ語「kinamomon」に由来すると言われています。
世界最古のスパイスの一つといわれ、エジプトではミイラの防腐剤として使われていたそうです。
日本では香辛料のほか、桂皮(けいひ)と呼ばれる生薬としても古くから使用されています。


● スイート・マージョラム/マージョラム

英語名:Sweet Marjoram
香りの特徴:安心感を与える、スパイシーですっきりした香り

語源はラテン語「major」の「より大きい」という意味に由来すると言われ、「長寿」を象徴しています。
ギリシャ人は古くから薬草として利用し、幸せを願ってマージョラムを贈る習慣があったとされています。
血流促進作用もあり、「眠りのための香り」としての効果が有名です。


● スペアミント

英語名:Spearmint
香りの特徴:清涼感のある、スッキリしたミントの香り

語源は「スペア(鋤:すき)」+「ミント(ギリシャ神話の女神Menthe)」に由来すると言われています。
ペパーミントとともに、古くから消化不良を和らげる目的で使用されてきました。
現在は香料として歯磨き粉やお菓子、ガムなどに広く使われています。


● ゼラニウム

英語名:Geranium
香りの特徴:バラに似た、ほのかに甘い香り

語源はギリシャ語「geranos(鶴)」に由来すると言われています。
心のバランスを整え、精神・肉体・皮膚に浄化作用があります。
虫よけとしても利用可能です。


● タイム

英語名:Thyme
香りの特徴:甘く強いハーブの香り

語源はギリシャ語「thimon」の「防腐」という意味に由来すると言われています。
強い殺菌作用があり、古代エジプトではミイラの防腐剤に使用されたそうです。
毛髪の育成効果もあり、薄毛にお悩みの方におすすめです。


● ティートリー

英語名:Tea tree
香りの特徴:清涼感のある、シャープなグリーン系の香り

現在は飲用として用いられることはないが、その昔イギリスの探検家がその葉でお茶をいれたことに由来する呼称。
殺菌作用に優れていることから、オーストラリア先住民は傷の治療に用いたと言われています。
肌に直接使える数少ない精油の一つで、市販の歯磨き粉やうがい薬にも使われています。


● ニアウリ

英語名:Niaouli
香りの特徴:フレッシュな刺激のある、グリーン調の香り

オーストラリア先住民達が古来から痛みや疼きを和らげるために使用したと言われています。
殺菌・消毒作用や空気清浄作用を持つとされ、免疫力を高めることがさまざまな角度から研究されています。



● バジル/スイートバジル

英語名:Basil
香りの特徴:甘さのある、軽くスパイシーな香り

語源はギリシャ語「basileus」の「王」という意味に由来すると言われています。
日本では、ゼリー状の物質により目の汚れを取り去る目薬とされ、「メボウキ(目箒)」と呼ばれています。
エッセンシャルオイル以外にもバジルの葉はハーブとしてイタリア料理によく使用されています。


● パルマローザ

英語名:Palmarosa
香りの特徴:ゼラニウムに似た、ソフトで甘い香り

属名「Cymbopogon」の語源は「kymbo(舟)」+「pogon(ヒゲ)」に由来すると言われています。
おもにスキンケア用として用いられ、石けん・化粧水などにも使用されています。



● プチグレン/プチグレイン

英語名:Putitgrain
香りの特徴:フローラルとウッディをあわせ持つ、フレッシュな柑橘系の香り

プチグレンとは「Putit(小さな)」+「grain(粒)」という意味に由来すると言われています。




● ペパーミント

英語名:Peppermint
香りの特徴:すっきり爽快感のあるメントールの香り

語源はラテン語「piperita(胡椒の味)」+「mintha(ハッカ)」という意味に由来すると言われています。




● メリッサ(レモンバーム)

英語名:Melissa
香りの特徴:レモンとフレッシュなグリーンをあわせた香り

蜂が好む花をもつことから、語源はギリシア語「Melissa(ミツバチ)」という意味に由来すると言われていいます。
子宮強壮作用があり、生理不順・生理痛の改善に効果があります。
また、抗菌作用にも優れていることから、湿疹・水疱瘡・ヘルペスなどの治療にも利用されます。


● ユーカリ/ユーカリプタス

英語名:Eucalyptus
香りの特徴:シャープでクリアなグリーン系の香り

語源はギリシア語をラテン語化した 「eu(真に・強く・良く)」+「kalyptós(~でおおった)」に由来すると言われています。
呼吸器系の炎症鎮静作用があり、風邪・花粉症など呼吸器がスッキリしない時に役立ちます。
虫除けとしても効果的です。


● ラベンダー

英語名:Lavender
香りの特徴:甘く優しいフローラルな草原の香り

語源はラテン語「Lavendula(洗う)」という意味に由来すると言われています。
リラックス効果が高く、アロマ初心者にも扱いやすい精油のひとつです。
他の精油との相性もよく、ブレンドにもおすすめです。


● レモングラス

英語名:Lemongrass
香りの特徴:レモンに似た、シトラス系の香り

南アジアに広く分布するイネ科の植物、インドでは古来から解熱や感染症の殺菌に用いられたと言われています。
消化器系強壮作用があり、ストレス性腸炎・消化不良・食欲不振に効果的です。
また、虫が嫌う成分を含むことから、虫除けにも効果的です。


● ローズマリー

英語名:Rosemary
香りの特徴:刺激的ですがすがしい、ハーブの強い香り

語源はラテン語「ros(露)」と「marinus(海)」という意味に由来すると言われ、地中海を代表するハーブです。
神経刺激作用があり、記憶力・集中力アップに役立ちます。
その他、体を温める作用もあり、筋肉痛・関節痛にも有効です。

スポンサーサイト


【2008/06/13 Fri】 // アロマオイル:抽出部位
<< 「葉(乾燥)」から取れるアロマオイル // HOME // 「木(チップ)」から取れるアロマオイル >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://aromadic.blog95.fc2.com/tb.php/158-72aaaa25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
検索

おすすめ!

アロマオイル
アロマオイル:効果別
アロマオイル:効能別
アロマオイル:香り
アロマオイル:ノート別
アロマオイル:抽出方法別
アロマオイル:植物科名別
アロマオイル:抽出部位
アロマオイル:原産地別
最近の記事
カテゴリー
QRコード

QR

リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
全記事表示リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。