アロマオイル効果効能辞典

「花の先端」から取れるアロマオイルのページ






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --】 // スポンサー広告
「花の先端」から取れるアロマオイル

● クラリセージ

英語名:Clary Sage
香りの特徴:紅茶に似た、ややフローラルでウッディーな香り

語源はラテン語「クラルス」の「明るい」「清浄な」という意味に由来すると言われています。
19世紀イギリスではビールの苦味にクラリセージを用いていました。
現在はタバコの香りづけや香水の保留剤としても使用されています。


● スイート・マージョラム/マージョラム

英語名:Sweet Marjoram
香りの特徴:安心感を与える、スパイシーですっきりした香り

語源はラテン語「major」の「より大きい」という意味に由来すると言われ、「長寿」を象徴しています。
ギリシャ人は古くから薬草として利用し、幸せを願ってマージョラムを贈る習慣があったとされています。
血流促進作用もあり、「眠りのための香り」としての効果が有名です。


● バジル/スイートバジル

英語名:Basil
香りの特徴:甘さのある、軽くスパイシーな香り

語源はギリシャ語「basileus」の「王」という意味に由来すると言われています。
日本では、ゼリー状の物質により目の汚れを取り去る目薬とされ、「メボウキ(目箒)」と呼ばれています。
エッセンシャルオイル以外にもバジルの葉はハーブとしてイタリア料理によく使用されています。


● ペパーミント

英語名:Peppermint
香りの特徴:すっきり爽快感のあるメントールの香り

語源はラテン語「piperita(胡椒の味)」+「mintha(ハッカ)」という意味に由来すると言われています。




● ヤロウ

英語名:Yarrow
香りの特徴:爽やかでみずみずしいハーブの香り

和名「西洋ノコギリソウ」、スコットランドではお守りや占い、魔よけに使われたといわれています。
強壮作用や免疫促進の効果があり、風邪やアレルギーの治療にもしばしば利用されます。



● ラベンダー

英語名:Lavender
香りの特徴:甘く優しいフローラルな草原の香り

語源はラテン語「Lavendula(洗う)」という意味に由来すると言われています。
リラックス効果が高く、アロマ初心者にも扱いやすい精油のひとつです。
他の精油との相性もよく、ブレンドにもおすすめです。

スポンサーサイト


【2008/06/11 Wed】 // アロマオイル:抽出部位
<< 「球果」から取れるアロマオイル // HOME // 「花」から取れるアロマオイル >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://aromadic.blog95.fc2.com/tb.php/142-19c47bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
検索

おすすめ!

アロマオイル
アロマオイル:効果別
アロマオイル:効能別
アロマオイル:香り
アロマオイル:ノート別
アロマオイル:抽出方法別
アロマオイル:植物科名別
アロマオイル:抽出部位
アロマオイル:原産地別
最近の記事
カテゴリー
QRコード

QR

リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
全記事表示リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。